北海道の道の駅を全制覇しよう!函館起点編

今回から9回にわたって北海道の道の駅制覇への道をご紹介していきます。移動距離が長いルートもあるので十分休憩をとりながらのんびり周りましょう。

1日で周れるところもあれば1泊、2泊したほうが良いルートもあるので宿泊先もご紹介します。

まず1回目は函館市から始まるルートをご紹介です。道南の渡島半島にある14カ所の道の駅を周ります。

出発する場所にもよるので函館市へのアクセスからご紹介していきます。

平成30年3月23日に新しくオープンした道の駅「なないろ・ないえ」を追加しました。

函館市へのアクセス

道内にお住まいの方、道外にお住まいの方がいると思うので道内は新千歳空港から、道外は羽田空港、青森港、そして新幹線でのアクセスをお伝えします。

新千歳空港から函館市
道央自動車道新千歳空港ICから大沼公園IC(約3時間30分)、国道5号線~国道347号線~函館市(約45分)

羽田空港から新千歳空港
1日60便以上 1時間30分

羽田空港から函館空港
1日10便 1時間20分

青森港から函館港
1日8便 3時間40分

函館市へ新幹線で
新函館北斗駅まで新幹線、新函館北斗駅から函館駅まで(約20分)「はこだてライナー」

函館市出発、14か所を周るルート

116 みそぎの郷きこない
41 しりうち
42 横綱の里ふくしま
106 北前舟松前
34 上ノ国もんじゅ
6 江差
19 あっさぶ
25 ルート229元和台
21 てっくいランド大成
23 YOU・遊・もり
62 つど~る・プラザ・さわら
117 しかべ間歇泉公園
113 縄文ロマン南かやべ
61 なとわ・えさん
121 なないろ・ないえ

駅名の前の数字は登録順の数字です。上記の順に道の駅を周ります。



みそぎの郷きこない

出典:北の道の駅

平成27年1月5日に北海道116番目の道の駅として登録されました。

「みそぎの郷きこない」は北海道新幹線が停車する木古内駅の前にあります。

この道の駅でおすすめなのはレストラン「どうなんde’s Ocuda Spirits」です。

「世界の料理人1000人」に選ばれた奥田政行シェフ監修のイタリアンレストランで、木古内町や道南各地の食材をおいしく食べられます。

スタンプブック特典 ソフトクリーム全品50円引き

基本情報
上磯郡木古内町字本町338-14(道道383号沿い)
函館市から車で約20分
開館時間 9:00~18:00

道の駅ホームページ

しりうち

出典:北の道の駅

平成9年4月11日に北海道41番目の道の駅として登録されました。

本州と北海道を結ぶ青函トンネルの出口が近くにある駅です。

約800年の歴史をもつ知内町の観光の拠点で、国の重要文化財に指定された旧石器時代の墓とみられる日本最古の土壙を見ることができます。

大物演歌歌手の北島三郎さんの出身地ということもあり、「サブちゃん」グッズが物産館で購入できるのでファンの方にはおすすめの道の駅です。

スタンプブック特典 なし

基本情報
上磯郡知内町字湯の里48-13(国道228号沿い)
みそぎの郷きこないから車で約20分
開館時間

3月~11月 8:00~18:00
12月~2月 9:00~17:00

道の駅ホームページ

横綱の里ふくしま

出典:北の道の駅

平成9年4月11月に北海道42に番目の道の駅として登録されました。

その名の通り横綱千代の山と千代の富士をテーマにした横綱記念館があります。

記念館では九重部屋の夏合宿があって見学できるので相撲ファンの方はぜひ行ってみましょう。

もう一つおすすめするのは「スルメイカ」です。生産量が日本一の物産センターが併設されていて購入することもできます。

スタンプブック特典 なし

基本情報
松前郡福島町字福島143-1(国道228号沿い)
道の駅しりうち函館市から車で約20分
開館時間 9:00~17:00

道の駅ホームページ

北前船松前

出典:北の道の駅

平成21年3月12日に北海道106番目の道の駅として登録されました。

松前城を有する松前町にあり、松前本マグロやアワビなどの海の幸を新鮮な状態で食べることができます。

松前町では桜の時期になるとたくさんの観光客でにぎわいます。松前城は冬期の間は公開されていないので桜の時期に合わせていくとお城や資料館も見学できます。

スタンプブック特典 ソフトクリーム50円引き(4月~10月)

基本情報
松前郡松前町字唐津379(国道228号沿い)
道の駅横綱の里ふくしまから車で約30分
開館時間

4月~10月 9:00~18:00
11月~3月 9:00~17:00

道の駅ホームページ

上ノ国もんじゅ

出典:北の道の駅

*現在平成30年3月末まで休館予定です。

平成8年8月5日に北海道34番目の道の駅として登録されました。

上ノ国産の農産物や水産加工物、日本では上ノ国でしか採れないブラックシリカの製品などが物産販売コーナーにあります。

2階にある「グルメブティックもんじゅ」では日本海を眺められるので、景色を楽しみながら目の前の海で採れた海の幸を堪能しましょう。

スタンプブック特典 いちごジュース50円引き(1階物産センターのみ)

基本情報
檜山郡上ノ国町字原歌3(国道228号沿い)
道の駅北前船松前から車で約1時間
開館時間

4月~10月 9:00~19:30
11月~3月 9:00~18:30

道の駅ホームページ

江差

出典:北の道の駅

平成5年4月22日に北海道6番目の道の駅として登録されました。

「江差の繁次郎」という「とんち」の名人が江戸時代に実在したと言われています。その繁次郎の銅像が道の駅江差にあります。

繁次郎番屋簡易宿泊所に泊まることができます。寝具、風呂、キッチン、冷蔵庫、炊飯器などがそろっているのでキャンプ感覚で行ってみましょう。4月から11月まで宿泊可能です。

スタンプブック特典 なし

基本情報
檜山郡江差町字尾山町1(国道227号沿い)
道の駅上ノ国もんじゅから車で約20分
開館時間

4月~9月 9:00~17:30
10月 9:00~17:00
11月~3月 10:00~16:00

道の駅ホームページ

あっさぶ

出典:北の道の駅

平成7年4月11日に北海道19番目の道の駅として登録されました。

地元のヒノキアスナロで建てられた道の駅で木の香りが漂います。

メークインの発祥地ということで物産センターではメークインを中心に新鮮な野菜を購入できます。町外への発送も実施しているのでお土産に送ってみてはいかがでしょうか。

広い休憩スペースがあり、音楽ライブやイベントが開催されます。メークインを使用したおやつやソフトクリームなど休憩スペースでゆっくり食べましょう。

スタンプブック特典 黒豆茶(通常140円)が40円引き

基本情報
檜山郡厚沢部町緑町72-1(国道227号沿い)
道の駅江差から車で約20分
開館時間

5月~10月 8:30~18:00
11月~4月 9:00~17:00

道の駅ホームページ

ルート229元和台

出典:北の道の駅

平成7年8月3日に北海道25番目の道の駅として登録されました。

乙部町の海のレジャーの中心地で、全国的に珍しい海のプール「元和台海浜公園」や北海道の天然記念物「鮪の岬」があります。

ルート229元和台は海抜40mの高さにあり、「潮笛」というモニュメントや日本海を眺められます。のんびり休憩しながら景色を堪能しましょう。

スタンプブック特典 なし

基本情報
爾志群(にしぐん)乙部町字元和169(国道229沿い)
道の駅あっさぶから車で約20分
開館時間

4月~10月 8:30~18:00
11月~3月 9:00~16:00

道の駅ホームページ

てっくいランド大成

出典:北の道の駅

平成7年4月11日に北海道21番目の道の駅として登録されました。

日本海を望むこの道の駅は夕陽の名所ということで夕方の時間を目指していくことをおすすめします。

夏の時期には海水浴ができます。コインシャワーを使用できるので海でたくさん遊んでもさっぱりして帰れます。海で遊びたいという方は夕陽の時間に合わせてみましょう。

スタンプブック特典 なし

基本情報
久遠郡せたな町大成区平浜378(国道229号沿い)
道の駅ルート229元和台から車で約40分
開館時間

11月~3月 9:00~17:00 9:00~16:00
7/17~8/16 9:00~19:00

道の駅ホームページ

YOU・遊・もり

出典:北の道の駅

平成7年8月3日に北海道23番目の道の駅として登録されました。

屋上の展望ラウンジから駒ヶ岳、羊蹄山、噴火湾を眺めることができます。

YOU・遊・もりにはオニウシ公園が隣接しています。天気のいい日にはお弁当や特産物販売店で購入したいかめしを広々とした芝生で食べてのんびりしましょう。

オニウシ公園から徒歩5分で青葉ヶ丘公園があります。毎年5月3日から「もりまち桜まつり」があるのでゴールデンウィークの旅行で行ってみるといいですね。

スタンプブック特典 ソフトクリーム30円引き(4月下旬~10月末頃まで)

基本情報
茅部郡森町字上台町326-18(国道5号沿い)
道の駅てっくいランド大成から車で約1時間30分
開館時間

3/21~10/21 9:00~17:30
10/21~3/20 9:00~17:00

道の駅ホームページ

つど~る・プラザ・さわら

出典:北の道の駅

平成11年8月27日に北海道62番目の道の駅として登録されました。

他の道の駅とは少し変わっています。砂原の地場産業の紹介、海や山の幸を利用した調理の方法などを教えてもらえるところです。

バーベキュースペースがあり、1台300円のみで持ち込み料などはかかりません。お得にバーベキューを楽しめます。

スタンプブック特典 ソフトクリーム50円引き(11月30日まで)

基本情報
茅部郡森町字砂原2丁目358-1(国道278号沿い)
道の駅YOU・遊・もりから車で約10分
開館時間 9:00~17:00

道の駅ホームページ

しかべ間歇泉公園

出典:北の道の駅

平成27年11月5日に北海道117番目の道の駅として登録されました。

その名の通り全国的に珍しい間歇泉を見られます。周期的に地面から温泉が噴き出す間歇泉は大正13年に温泉を掘っている時に偶然見つかりました。

間歇泉は1回500リットルの温泉が約12分間隔で15mもの高さに噴き上がります。この温泉を利用した足湯もあるので休憩に立ち寄ってみましょう。

スタンプブック特典 間歇泉公園の入園料100円引

基本情報
茅部郡鹿部町字鹿部18-1(道道大沼公園鹿部線)
道の駅つど~る・プラザ・さわらから車で約20分
開館時間

4月~9月 8:30~18:00
10月~3月 9:00~17:00

道の駅ホームページ

縄文ロマン南かやべ

出典:北の道の駅

平成23年8月25日に北海道113番目の道の駅として登録されました。

国内唯一の国宝「中空土偶」があります。歴史好きな方はぜひ行ってみましょう。

縄文時代早期から約7千年間晩期まで連綿と縄文文化が栄えていて、「函館市縄文文化センター」という縄文文化遺産が展示されている施設があります。

ミニチュア土器やアクセサリー作りも体験できるのでお子さまと一緒に楽しめます。

スタンプブック特典 なし

基本情報
函館市臼尻町551-1(国道278号尾札部道路沿い)
しかべ間歇泉公園から車で約20分
開館時間

4月~10月 9:00~17:00
11月~3月 9:00~16:30

道の駅ホームページ

なとわ・えさん

出典:北の道の駅

平成11年8月27日に北海道61番目の道の駅として登録されました。

道南地方の方言で「なとわ」は「あなたとわたし」という意味で、観光ルートの拠点として建設した道の駅です。

キャンプ場があるので暖かい時を待ってから行くといいです。津軽海峡を見られる絶景スポットです。噴水公園もあるので家族で楽しい休日を過ごせます。

スタンプブック特典 ソフトクリーム10%引き(4月~11月まで)

基本情報
函館市日ノ浜町31-2(国道278号沿い)
道の駅縄文ロマン南かやべから車で約35分
開館時間

4月~9月 9:00~18:00
10月~3月 9:00~17:00

道の駅ホームページ

なないろ・ないえ

出典:北の道の駅

平成29年11月27日に北海道121番目の道の駅として登録されました。

オープンは平成30年3月23日の一番新しい道の駅です。

スタンプブック特典 なし

基本情報
亀田郡七飯町字峠下380-2(国道5号沿い)
道の駅なとわ・えさんから約1時間20分
開館時間 9:00~18:00

ホームページ




函館市のホテル

函館市は観光地ということでたくさんのおすすめホテルがあります。高級感のある旅館やリーズナブルなビジネスホテルまで目的に応じて選べます。

今回は展望風呂付客室のお部屋でのんびりできるホテルとベイエリアなどが徒歩圏内にあるホテルをご紹介します。

望楼NOGUCHI函館

高級感あふれるモダンな雰囲気のホテルです。屋上に露天風呂があるのでゆっくりくつろぎながら函館の夜景を眺めることができます。

お風呂は誰にも邪魔されないで入りたいという方には展望風呂付客室もおすすめです。

ホテルWBFグランデ函館

函館に来たら行きたい観光スポットベイエリアや元町などが徒歩圏内にある便利な立地のホテルです。全室インターネット接続無料なのでここから行ってみたいスポットを検索するといいでしょう。

朝食はバイキングで50種類もの和風、洋風の食事ができます。おいしいので連泊したくなります。
国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

北海道の道の駅全制覇への道

道の駅制覇への道のりが始まりました。北海道でも南の方なので比較的暖かいです。

桜の開花が早い方なのでその時期に合わせて周ってみると各地の桜の名所が見られてキレイです。

海沿いをずっとドライブできるので水平線の向こうに沈む夕日など美しい景色を眺めながら道の駅を目指しましょう。

道の駅だけでなくその周辺にも観光スポットがあります。休憩のついでに少し歩いてみるといいでしょう。

長時間のドライブは楽しくてもやはり疲れます。今回の道南ルートは道の駅の間が近いのでまめに休憩できますが、何時間も通して運転するのは止めましょう。ゆっくり安全に楽しみましょう。

次回は「札幌起点編1」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です