北海道のどこで遊ぶ?苫小牧市で遊べる観光スポット5選

北海道の胆振管内にある苫小牧市は、新千歳空港からJR苫小牧駅まで車では約1時間、JRだと約30分で行くことができる街です。

苫小牧市にはフェリーもあるので自分の車でゆっくり旅することもできます。

新千歳空港から道南方面へ観光に行くときは通り道なのでぜひ立ち寄ってみましょう。苫小牧市は広いので自分の車かレンタカーを借りて行くのがおすすめです。

馬とふれあえるノーザンホースパーク

ノーザンホースパークは新千歳空港から約15分、苫小牧市内からは約30分と市街地からは少し離れています。

名前の通り馬に関するさまざまなイベントを行っていて、ポニーとふれあったり馬車に乗ったりできるので子供はもちろん楽しめますが、大人も楽しく過ごせます。

イベント詳細

たくさんのイベントがあるのでその中からお子さまが喜びそうなものをご紹介します。

ハッピーポニーショー

小さくてかわいいポニーたちがトレーナーの指示でサッカーをしたり輪投げをしたり、楽器を吹くなどのショーを見せてくれます。

ショーのためのトレーニング風景も見られるので舞台の表裏を楽しめます。

実施期間

4/15~11/5(平日は1日2回、土日祝は1日3回)

11/6~4/9(1日2回)

ポニーショーについてはかわいいダイジェスト動画があるのでご覧になってください。

ふれあい体験

馬とふれあったり一緒に写真を撮ったりできます。スタッフの方が安全に楽しめるようにふれあい方を教えてくれます。日によって時間は異なりますが、毎日開催しています。

おやつタイム

ポニーたちの大好物なにんじんクッキーをあげられます。おやつを目の前に、おねだりしてくるのでとてもかわいくて子供たちに大人気です。日によって時間が異なりますが、毎日開催しています。

営業時間

4/15~6/30,9/1~11/15 9:00~17:00
7/1~8/31 9:00~18:00
11/6~4/9 10:00~16:00

休園日

4/10~4/14

入園料

4/15~11/5

大人 小学生 小学生未満
800円 400円 無料

16:00以降は入園無料
11/6~4/9 入園無料

今回ご紹介した以外のイベントや詳細情報はノーザンホースパークの公式ホームページを参照してください。

たくさんの白鳥と会えるウトナイ湖

ウトナイ湖は苫小牧市の「道の駅ウトナイ湖」にあります。

国指定鳥獣保護区、ラムサール条約の登録湿地で、1月と10月にはたくさんの白鳥に会うことができます。

年間通してさまざまな鳥やリス、キツネなども見られます。

鳥がたくさんいるとエサやりをしたくなると思いますが、現在は禁止されています。理由については、

・エサをあげることによって鳥が死んでしまうことがある。(お腹をこわしたり、のどに詰まらせたりする)
・湖や周辺が汚れてしまう。
・病気になる、病気が広がる可能性がある。
などが上げられます。

ウトナイ湖はとまチョップの本籍地です。苫小牧市内各地でとまチョップグッズが購入できますが、

道の駅ウトナイ湖も販売店の一つです。かわいいグッズがたくさんあるので見てみましょう。




樽前山のふもとにある樽前ガロー、美しい渓谷が見られる

苫小牧市、千歳市にまたがっている樽前山のふもとに美しい渓谷があります。

樽前山の噴火による火山灰と川の浸食によってできました。7月頃には岩にたくさんの苔が張り付いて緑の壁ができます。

景色がキレイなのでおすすめのところですが、観光に行く際はヒグマに注意しましょう。事前に情報を調べておくと良いです。

ヒグマについての注意事項は苫小牧市のホームページに記載してあります。

夏でも冬気分!沼の端スケートセンター

スケートといえば冬のスポーツですが、沼の端スケートセンターは6月から3月の間にオープンしているので夏でもできます。

屋内なので天気を気にすることなく滑ることができて、旅行中に少し気分転換に身体を動かしてみるのもいいでしょう。

利用料金

大人 高校生 中学生 小学生以下
400円 250円 200円 150円
貸しスケート 300円

営業時間

10:00~16:15

休館日

毎月第一木曜日、12月31日~1月2日
危険防止のため帽子と手袋は必ず着用してください。

雨の日でも楽しく見学!科学センター ミール展示館

科学センターは飛行機に関する展示物やプラネタリウム、星や惑星に関する展示物、そして実物の宇宙ステーションの予備機など多数のものが展示されています。

宇宙ステーションのミール

宇宙ステーションの予備機については「ミール展示館」に展示されています。

平成10年に市制施行50周年を迎えた苫小牧市に、岩倉建設株式会社から青少年の航空宇宙・科学技術研修のためにロシア(旧ソ連)製の宇宙ステーション「ミール」が寄贈されました。

「ミール」とは旧ソ連が1986年2月に打ち上げた世界初の長期滞在型の宇宙ステーションです。

役目を終えたミールは日本の企業に売却され、その後札幌市の岩倉建設が買い取りました。岩倉建設と苫小牧市の関係は市長が岩倉建設の役員だったということです。

無料で見学できるので旅の途中にぜひ立ち寄ってみてください。一日三回プラネタリウムの投影もありますので、タイミングが会えば見てみましょう。

苫小牧市科学センターのホームページには詳しい情報が記載されています。

入館料

展示室、ミール展示館、プラネタリウムすべて無料

開館時間

9:30~17:00

休館日

毎週月曜日(月曜が祝日の場合は次の平日)、12月29日~1月3日

かわいい苫小牧市のゆるキャラ「とまチョップ」

苫小牧市にはかわいいゆるキャラがいます。「とまチョップ」です。中学生のアイディアから生まれました。

名前の由来はとまこまい、ハクョウ、ハナシウブ、ホキ貝、ハスカッから文字を取って付けられました。

大まかな見た目は白鳥で、ハナショウブの尻尾、ハスカップの首飾り、ホッキガイの帽子をかぶっています。

画像は手書きのイメージです。

とまチョップのプロフィール

生まれたところ 苫小牧市ウトナイ湖周辺
誕生日 8月22日
趣味 スケート、旅行
特技 チョップ
将来の夢 苫小牧市長になること

とまチョップについてもっと知りたいという方はアメブロでとまチョップのブログがあるので見てみましょう。

飛行機でもフェリーでも!観光しやすい苫小牧市で自然を満喫しよう

苫小牧市は自然が多い街です。今回ご紹介した以外にもキャンプができる公園や展望台がある公園などたくさんの自然で遊べるスポットがあります。

寒い時期は屋内の観光にかたよりがちですが、暖かくなったらお弁当を準備して公園でのんびり遊びましょう。

新千歳空港から近く、フェリー乗り場も市内にあるので道外からも観光に行きやすい場所です。

市内はJRもあるし、路線バスも走っています。駅周辺にはホテルもしっかりあるので観光に困ることはありません。

移動に困らない苫小牧市で、楽しく観光しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です