今年のクリスマスデートのおススメはどこ?道内各都市のスポットをご紹介!

クリスマスをイルミネーションで彩りましょう!

11月半ばも過ぎ今年もあと1カ月ほどです。今年の大きなイベントはあと二つです。一つはクリスマス、もう一つは年越し。

今回はクリスマスデートにおススメなスポットをご紹介します。大きい都市では札幌市、函館市、小樽市、そして広尾町にあるサンタランドです。

道内ではほとんどの都市がクリスマスの時期には根雪になっています。とても寒いので外でイルミネーションを見る時は防寒対策をしっかりしましょう。

もう始まっている札幌のクリスマス、サッポロファクトリーのツリーは点灯してます

まずは札幌市のクリスマスからご紹介です。札幌のイルミネーションはJRでも地下鉄でも行けるので便利です。

近くにホテルもたくさんあるので宿泊先にも困りません。寒いながらも混雑しているので余裕をもって行動できるようにしておきましょう。

ショッピングも楽しめるサッポロファクトリー

サッポロファクトリーでは11月3日からジャンボクリスマスツリーが点灯しています。

16時から22時の間、12月25日まで毎日点灯です。

毎時00分には約5分間の音楽と光のショータイムがあるので、サッポロファクトリーでお買い物のときにはその時間を目指していきましょう。

ファクトリーのジャンボクリスマスツリーは広尾町のサンタランドから寄贈されたものです。

高さ約15メートルのトドマツにクリスマスの装飾をしています。

冬の澄んだ空気で美しさが際立つ大通公園

札幌のイルミネーションといえば大通公園の「ホワイトイルミネーション」です。

11月24日から翌年の3月14日まで実施していて、1981年(昭和56年)に日本初のイルミネーションとして始まりました。

11月25日から12月24日までは姉妹提携しているドイツ・ミュンヘン市と姉妹都市30周年を記念して2002年からクリスマス市が開催されています。

クリスマス雑貨やドイツ料理、ホットワインがあり、ステージではコンサートが開かれます。

ストーブが設置されたテントがあるので寒い時はそこで飲んだり食べたりしましょう。



海沿いに輝くイルミネーション、函館市でロマンチックな夜を

函館では12月1日から翌年2月28日まで「はこだて冬フェスティバル」が開催されます。

ライトアップされるのは二十間坂、八幡坂、開港通りです。坂の上から見下ろす函館の街は絶景です。

12月1日から25日まで「はこだてクリスマスファンタジー」が実施されます。赤レンガ倉庫群の前の海上に高さ約20メートルのクリスマスツリーが設置されます。

毎日18時頃に点灯し、時間とともに色を変えるイルミネーションを見ることができます。

小樽運河は水と光のコントラストが幻想的

北海道を代表する観光スポットはたくさんあります。小樽市もその一つです。

小樽運河やオルゴール堂、大正ガラス館などテレビで紹介されることも多いです。

当然クリスマスには素敵なイルミネーションが展開されますので、ぜひ防寒対策をして行ってみましょう。

小樽ゆき物語は長く楽しめる

2013年から始まったロングランイベントです。ライトアップはもう始まっていて、2018年の2月18日まで点灯しています。

運河プラザ内に「ワイングラスタワー」というワイングラスでできた高さ3mのタワーがあります。青く輝くこのタワーは9時から18時まで点灯しています。

もう一つ目玉のライトアップは「浮き玉ツリー」です。運河プラザの前庭にあります。約200個もの電球が漁業で使う浮き玉の周りを囲んで幻想的な光を見ることができます。

運河全体が青くライトアップされる「青の運河」で神秘的な夜を過ごしましょう。

運河周辺にはホテルも多いので宿泊先には困りません。ただ時期によっては混雑するかもしれないので前もって予約しておいた方が確実に泊まれます。

サンタさんはいるのかな?広尾サンタランド

広尾町は十勝地方にある海沿いの町です。大丸山森林公園内にサンタランドがあります。

広尾サンタランドは1984年(昭和59年)、サンタさんの故郷であるノルウェーに認められた国外初、日本で唯一のサンタランドです。

年中クリスマス気分を楽しめるサンタランドでは毎年10月下旬からイルミネーションをスタートさせます。

大丸山森林公園の木々や施設が約15万の電球で彩られます。サンタの家ではクリスマスグッズがそろっています。

サンタランドがある大丸山森林公園は「恋人の聖地」に認定されています。クリスマスはカップルにおススメの観光スポットです。

今年のクリスマスはイルミネーションに酔いしれよう

クリスマスイルミネーションをご紹介しました。北海道にはまだまだたくさんのイルミネーションスポットがあります。

宿泊できる予定があるなら、いつもより遠出して地元から離れたところでイルミネーションを見てみましょう。

冬の北海道はとても寒いです。貼るカイロや暖かい肌着、手袋やマフラーも必須です。

まとめ髪やショートカットの人は耳が出るのでニット帽や耳あてがあるといいですね。

オシャレをしたいのであまり厚着はしたくないかもしれませんが、クリスマスを楽しむために寒さは気にしていられません。可能な限り防寒グッズを身に付けましょう。



もうすぐ見頃!北海道で紅葉を見に行こう!

色づき始めた北海道の紅葉

 

9月に入り朝晩かなり冷え込むようになってきました。上着なしでは出られないくらいです。

でも昼間は半袖でいられるくらい暑くなります。一日の気温の差が激しいので、カゼなどひかないようにしっかり健康管理しましょう。

このように体に悪い気温差ですが、紅葉にとってはキレイに見える条件の一つです。

特に夜に急激に冷え込むことで鮮やか色づいていくのです。

寒い朝には「今日はキレイな紅葉が見られるかな」と考えれば気持ちも前向きになっていいかもしれません。

北海道での見ごろの時期

北海道は紅葉が早いです。一番早い大雪山旭岳ではもうすでに始まっていて8月下旬頃から見ることができます。

紅葉の終わりはだいたい11月上旬ころでこの頃には雪が降っている山も多くなっています。

時期と場所によっては雪と紅葉のキレイなコントラストが見られるでしょう。

どこで見ますか?おススメスポット

日本一早い紅葉 大雪山系

大雪山は旭岳、黒岳、赤岳など複数の山からなっています。日本一広い大雪山国立公園にありそれぞれ紅葉の見ごろの時期が違います。

旭岳は標高が2291mと北海道で一番高い山です。8月下旬色づき始め9月中旬から下旬にピークを迎えます。

ロープウェイで5合目の姿見駅まで行けます。姿見駅からは「姿見の池」へ向かいましょう。1時間ほどのトレッキングコースがあります。

ロープウェイ季節によって運行時間が変わるので確認しましょう。旭岳についてはこちらから確認できます。

料金は6月1日~10月20日まで大人2900円、小人1450円、
10月21日~5月31日まで大人1800円、小人900円です。

見られる時期が早いのは赤岳で9月初旬から中旬で大雪山の中では早い時期に見ごろを迎えます。

「第一花園」という紅葉が見られるスポットまで1時間ほどの登山です。1時間山を登る元気のある方にはおススメです。森林浴をしながら紅葉も楽しみましょう。

黒岳は9月上旬から10月上旬でロープウェイとリフトで7合目まで行けます。

ロープウェイ乗り場が層雲峡温泉の温泉街の近くにあります。宿泊場所がすぐそこなのが魅力です。

山の上で紅葉を見るので寒いかもしれません、温泉でゆっくり温まりましょう。

ロープウェイ、リフトの営業時間は季節によって変わります。黒岳についてはこちらから確認できます。

料金は、ロープウェイが大人1950円、小人1000円、夏期ペアリフトが大人600円、小人400円です。

冬期のリフトについてはスキー場オープンの時期なので別の機会にご紹介します。



世界遺産の知床五湖

知床五湖では9月下旬から色づき始めます。10月上旬から中旬がベストで11月頃にはカラマツが紅葉をむかえます。

紅葉散策には高架木道と地上遊歩道があります。

高架木道は段差や、傾斜があまりないので車いすやベビーカーでも歩きやすいです。まわりに電気柵のヒグマ対策もあります。

地上遊歩道は長いコースと短いコースがあります。紅葉の時期は植生保護期ということなのでフィールドセンターで説明をうけてから出発です。

こちらはヒグマに出会ってしまう可能性があるのでしっかり話を聞いておきましょう。なんとなくの知識は危険です。

ただ地上遊歩道はヒグマが出ると閉鎖されます。野生の動物なので事前に確認というわけにはいきませんが、行くことを決めたらニュースなどで情報を集めていたほうがいいと思います。

 

ドライブに最適な時期

紅葉は山だけではありません。「紅葉スポットご紹介」では山や湖などが多いと思います。

少し車を走らせて町はずれに出れば紅葉がいっぱいです。あてもなくドライブするだけでもキレイな紅葉を満喫できるのではないでしょうか。

有名なところはやはり観光客の方たちが多いです。ドライブがてら自分だけの穴場を探してみるのも楽しいです。

でも動物には注意です。山の中はクマの危険がありますが、ドライブ中は飛び出してくる鹿やキツネなどがいます。たまにウサギやタヌキなどもいます。

いつ出てくるかわからないので紅葉に夢中になりすぎないで普段通り周りに気をつけながら運転しましょう。

だんだん冬が近づいてきました。紅葉がキレイに見えても体には悪い寒暖差。元気な状態で出かけられるように日ごろから気をつけていきましょう。うがい手洗いです。

では次回も紅葉おススメスポットをご紹介します。



今年も花火大会がはじまります!やっと夏がきた

花火大会の季節がやってきました

今年も待ちに待った花火大会の季節が来ました。

今回は花火大会の開催場所や観覧場所の穴場スポット、花火までの時間に見られる周辺の観光スポットをご紹介します。

私がご紹介する花火大会は3つです。一つ目は洞爺湖ロングラン花火大会、二つ目は道新・UHB花火大会、三つ目は勝毎花火大会です。

どれも北海道花火大会ランキング上位の人気の会場です。

どの会場でも言えることですが虫よけ対策はしっかりと行いましょう。あとから「かゆいよー」なんてことにならないように。

 

洞爺湖で長く楽しめる花火大会

では一つ目の洞爺湖ロングラン花火大会についてです。
人気ランキング第3位です。
4月28日から10月31日まで、20時45分から20分間行われます。

期間が長いのでゴールデンウィークから夏休みまで楽しめます。

中世の古城をイメージした遊覧船「エスポアール」のナイトクルージングで間近で大迫力の花火を見られます。

クルージングは大人1,600円、小学生720円で20時30分頃に出港します。
出港場所は花火観賞船桟橋で洞爺湖万世閣と洞爺パークホテル天翔の間にあります。

洞爺湖では水中花火見られます。7月22日に108発、8月25日には大玉水中花火が5連発です。

半円形に見える水中花火、いつもの大きな花火と違ってまたキレイです。

7月28日から8月15日までの夏祭りでは露店が出ています。19時から21時までなので花火を見る前に軽く腹ごしらえもいいかもいれません。

花火の様子は温泉街のどこからでも見ることができます。ウォータービューのお部屋だったらホテルのなかでも花火を見られます。

おススメなホテルはサンパレス、ホテルグランドトーヤ、北海ホテル、洞爺湖万世閣です。

洞爺湖は温泉街があるので花火の時間までお土産をさがしたり、周辺を散策してみると楽しいですよ。

 

おススメホテルの紹介

サンパレスはウォーターランドという大きなプールがあります。家族みんなで遊んだり横にある南国アイランドという空間でのんびりできる大人も子供も楽しいホテルです。

ホテルグランドトーヤは花火観賞船プランがあります。1泊2食付き+花火観賞船乗船券付きです。遊覧船から観賞したい方はぜひおススメです。

北海ホテルは有珠山に最も近いホテルということです。温泉は源泉のまま弱食塩泉。庭園露天風呂で景色を楽しみましょう。

洞爺湖万世閣は最上階に星の湯、地下1階に月の湯という浴場があります。深夜2時で入れ替わるのでどちらの浴場も楽しめます。
旅行の前に口コミチェック!

洞爺湖は周辺が支笏洞爺国立公園に指定されています。昭和新山やクマ牧場、有珠山などの観光スポットもあるので、花火だけでなく観光も楽しんでください。

 

札幌市内で見られる人気ナンバーワン

次に二つ目の道新・UHB花火大会です。

正式名称は北海道新聞社創業130周年・UHB開局45周年記念 2017道新・UHB花火大会というとても長い名前です。

この花火大会はランキング第1位のとても人気のある大会で、豊平川南大橋から幌平橋の間で行われます。

7月28日の19時40分から20時30分まで実施、雨の場合は8月2日へ延期。
約4000発も打ちあがる花火は迫力があって感動的です。

穴場スポットは

花火観賞の穴場スポットとしては中島公園の中にある天文台前、ここは坂からきれいに見えます。中島公園は池からボートに乗ってみるのもいいですね。

少し会場から離れて幌平橋、正面から花火が見えます。
さらに会場から離れてノルベサ、観覧車からよくみえます。誰にも邪魔されないのでカップルにおススメです。

 

札幌市は交通の便が整っているので会場には行きやすいと思います。

お買い物できるところもたくさんあって花火前でもじゅうぶん楽しめます。近くにはビジネスホテルなども多く荷物を預けてすぐに会場へ行けます。

 

十勝川で大きな花火を

最後に勝毎花火大会です。ランキングは第4位となってます。
8月13日19時30分から20時50分までで雨の場合は次の日に延期です。

実施場所は十勝川河川敷特設会場。(十勝大橋下流400m付近です。)

当日はシャトルバスが(往路のみですが)あります。大人200円、小人100円。北愛国交流広場から出発して西6条北7丁目河川敷内停留所で降ります。

穴場スポットは

すずらん大橋の橋の下の河川敷、鈴蘭公園、札内ガーデン温泉の展望台です。展望台については花火大会の時に無料開放されます。

 

帯広市にはマルセイバターサンドで有名な六花亭の本店があります。よく空港やデパートにありますね。私はバターサンド大好きで、見かけたら必ず買います。

十勝川温泉が近いので先に宿をとってから温泉街を見て回ったりしてもいいですね。

 

十勝川温泉のホテル

富士ホテルは加水・温度調整なしで源泉かけ流しの天然100%のモール泉が自慢のホテルです。

ホテル大平原は露天風呂や大浴場のほかにエステバスがあります。最近体の脂肪が…と思っている方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。私も気になります。

三余庵は「五感で感じる極上のスパリゾート」と公式ホームページに書いてあります。こんなステキなところでのんびり温泉。いいです。行ってみたいです。

 

夏といえば花火大会ですね。最近暑くなってきました。夏バテとか熱中症にはじゅうぶん注意してください。せっかくおでかけするので元気に行きたいです。

浴衣を着て街を歩く。普段しないことです。いつもと違う雰囲気を味わいながら夏を楽しみましょう!