紅葉は夕張でみてみよう!

2017年12月2日

夕張で紅葉だけでなく歴史的建造物も見てみよう

 

前回2カ所の紅葉スポットをご紹介しました。今回も2カ所ご紹介します。

夕張市の滝の上公園内にある千鳥ヶ滝と千歳市にある支笏湖です。どちらも目的地だけでなくそこまでの道のりの景色も楽しめます。

 

夕張市滝の上公園 千鳥ヶ滝

 

見ごろは10月上旬から下旬で札幌から車で1時間30分程で行くことができます。

千鳥ヶ滝はアイヌ語でポンソウカムイコタン(北にある神様が住んでいる滝という意味)と呼ばれる公園にあります。

竜仙峡という夕張川の浸食によってできた奇石や大小たくさんの滝がある絶景があり紅葉の時期ではなくても美しい景色を堪能できます。

紅葉を楽しめる遊歩道があるのでのんびり自然の力に癒されながら歩いてみましょう。

公園のにあるレンガ造り

 

紅葉とは別に公園内には大正14年に建てられたレンガ造りの滝の上発電所があります。

北海道炭礦汽船株式会社が炭鉱の自家発電設備として建設しました。

2001年(平成13年)に北海道遺産「空知の炭鉱関連施設と生活文化」の一部に選定されています。水力発電所として現在も稼働しています。

しっかり整備していればこんなに長く使えるという見本の建物です。中には入れませんが紅葉とレンガのコラボレーションをお楽しみください。

もみじ祭りで遊んじゃおう

 

10月7日から9日に夕張もみじ祭りがあります。秋の味覚を味わえる出店やイベント、ゲームなどがあります。家族で楽しめるのでぜひ行ってみてください。

 

夕張といえばメロンですが他にも楽しい観光地がたくさんあります。

炭鉱や映画のロケ地、北海道で2番目の広さの人工湖、ご当地キャラ、おいしいおみやげなど盛りだくさんです。たくさん紹介したいので別の記事で書きます。



支笏湖では船でのんびりか自転車でがんばるか

 

空の玄関新千歳空港のある千歳市から車で約50分。

湖畔で見る紅葉もいいですが、支笏湖へ向かう支笏湖道の紅葉にも圧倒されます。

湖畔までの道のりも楽しみましょう。バスやレンタカー、レンタルサイクルで行くことができます。

支笏湖は日本で2番目に透明度の高い湖なので天気のいい日には紅葉が湖面に映りとてもキレイです。10月上旬~10月中旬が見頃です。

サイクリングやハイキング、観光船などで紅葉を見てみよう

 

観光船については8時40分から17時10分まで乗ることができます。

乗船料金と時間

 

水中遊覧船は30分間で大人1620円、小学生810円。
高速艇は1~3名で10分コース5000円、20分コース10000円、30分コース15000円。
ペダルボートは30分2000円です。

自転車のレンタルはJR千歳駅内にある千歳駅観光案内所か支笏湖ビジターセンターにある支笏湖観光案内所でできます。

千歳駅で借りて支笏湖で返却することも可能なので自分の体力と相談して決めましょう。

貸し出し時間と料金

 

時間について、千歳駅は10時~18時、支笏湖は9時~17時です。

料金について、1日500円で保証金が2000円です。保証金については自転車を返却時に戻ってきます。

紅葉まつりで秋の味覚を

 

10月8日に支笏湖紅葉まつりがあります。

旬の野菜の販売、限定300杯支笏湖の名物ヒメマス(チップ)ときのこが入った味覚汁を味わえます。

地元の小学生の鼓笛隊パレードや縁日、支笏湖の温泉の半額開放もあって1日楽しめます。

温泉街でも売店やお食事処があるのでたくさん歩きまわっておなかがすいたらお目当てのものを探して食べながら紅葉をみるのもいいですね。

紅葉ドライブ楽しみましょう

 

北海道の紅葉は観光スポッだけでなく向かう途中の道でもとてもキレイな紅葉が見られます。

運転する人は気をつけてください。山道などでは動物が飛び出してきます。

キツネや犬、猫は普通に見かけますが、鹿やリス、タヌキなどもいます。私はウサギを見て驚きました。

野生の動物がたくさんいるので対向車や人以外にもじゅうぶん注意してください。

だんだん寒くなってきますがうまく週末などにリフレッシュしてカゼをひたりしないようにしてください。防寒対策もお忘れなく。