北海道の水族館、登別でお城を見てみよう!

2017年12月2日

マリンパークのお城はモデルが実在する

北海道の水族館、3回目のご紹介です。8月になりましたね。お子さんたちは夏休み真っ最中ですがお父さん、お母さんももう少しでお盆休みでしょうか。

実家に帰省したらおじいちゃんおばあちゃんも一緒に楽しんでみてはいかがですか。

今回は登別マリンパークニクスと北見市にある山の水族館についてご紹介します。

登別で水族館を楽しもう

登別マリンパークニクスは「北欧ロマンと海洋ファンタジー」がテーマです。

中央にあるニクス城はデンマークのイーエスコウ城がモデルになっています。

お城の周りには北欧風の建物が並んでいておみやげを買ったり、さまざまなショーを見学できます。

ニクス城の中

ニクス城は4階建てになっていて入場は2階からです。

まず入ってみると目の前にクリスタルタワーという巨大な水槽があります。高さは8mです。

そして二つのアクアトンネルがあり魚たちの泳いでいる様子を真下から見ることができ、

逆にエスカレーターからアクアトンネルを真上から見ることもできます。

2階には北海道最大のクラゲ水槽があります。ニクス産まれ、ニクス育ちのクラゲたちがたくさん泳いでいます。

タッチプールもあるので実際に観察して触ってみて夏休みの自由研究にしちゃいましょう。

ニクス城の外にはいろいろなショーをするプールがあります。

イルカのショー

イルカショープールではバンドウイルカとカマイルカという2種類のイルカがショーをします。

時間によってショーに出るイルカの種類が違うのでプールの入口にある掲示板で見たいイルカを確認しましょう。

やっぱりイルカのショーは近くにいると濡れます。濡れたくない人は後ろのほうで見ましょう。

アシカのショー

アシカショープールはアシカとオットセイがショーをします。輪投げやボールなどを使って私たちを楽しませてくれます。

アザラシのリング

アザラシリングプールは空中に大きなリングが突き出していてそこにも海水が入っています。

空を飛んでいるようにリングを泳ぎます。いつもリングにいるわけではありませんが、エサの時間には見られると思います。

ペンギン館

ペンギン館では1年を通して毎日ペンギンパレードをしています。

ペンギンがこちらへ近づいてくることもありますが、触ることはできないので気をつけてください。

陸族館

陸族館には爬虫類と両生類が飼育されています。4mを超えるアナコンダや大きな陸ガメを見ることができます。

イベントについて

現在行っているイベントとしては7月15日~11月5日まで「帰ってきた!へんないきもの展」があります。

このイベントが開催されるのは2年ぶりです。水族館と陸族館で見られます。進化の過程で不思議な生態をもった生物を展示しています。

お盆休みの8月11日~16日の間は繁忙期で体験できませんがそれ以外の時に「裏方見学ツアー」というものがあります。

ニクス城、ペンギン館の裏側や、イルカショーの舞台裏を見学できます。詳しくはこちらからご覧ください。マリンパークニクスのホームページです。

 

営業時間について

9時~17時、休館日は2018年4月9日~4月13日です。

入場料について

大人(中学生以上)2450円、小人(4歳~小学生)1250円



いろいろな初がある山の水族館

次は北見市留辺蘂町にある北の大地水族館 山の水族館のご紹介です。

この水族館は温根湯温泉(おんねゆおんせん)にあります。淡水魚の水族館です。

水族館の温泉水は「魔法の温泉水」ともいわれ、魚の成長を早めることが確認されているそうです。

もとは山の水族館・郷土館で2012年7月7日に老朽化などの理由でリニューアルして山の水族館になりました。

すぐそばを流れている川が断面図のように観察できます。冬には水面が凍るので世界初の「川が凍る水槽」があります。

ほかにも日本初の「滝壺を下から見る水槽」、日本最大級の「天然イトウ大水槽」など21個の水槽があります。世界初、日本初をぜひご覧になってください。

 

営業時間について

4月1日~10月31日8時30分~17時
11月1日~3月31日9時~16時30分

休館日について

4月8日~4月14日、12月26日~1月1日

入館料について

大人670円、中学生440円、小学生300円

 

 

今回は二つの水族館をご紹介しました。次回は水族館シリーズ最後です。

もう何年も水族館に行ってませんが調べてみるとやっぱり楽しそうですよね。

今度連休がとれたら行ってみようと思います。近くにないので1日休みだときびしいのです。

では夏休みの思い出いっぱい作りましょう!