利尻島、礼文島。北の島で自然を楽しもう!

2017年12月2日

北海道の島を見てみよう

北海道の旅をご紹介してきましたが。今回は離島のご紹介です。

おもな観光地として利尻島、礼文島、天売島、焼尻島、奥尻島があります。それぞれまた3回に分けてご紹介していきます。
まずは利尻島、礼文島です。

 

利尻富士を望む利尻島

利尻島は稚内からフェリーか飛行機で利尻空港に行けます。ただ飛行機は本数が少ないためフェリーのほうがおススメです。

稚内まで自分の車で来ていればフェリーでそのまま一緒に渡ることができてレンタカーの予約を取る手間も省けます。稚内からフェリーで約1時間40分です。

利尻とは高い島という意味のリ・シリという言葉からきています。

日本百名山の利尻山(利尻富士)を有する火山島で、島の大部分が利尻礼文サロベツ国立公園となってます。

島の東半が利尻富士町、西半は利尻町で、利尻富士町は人口約2500人、利尻町は人口約2000人です。

 

観光スポットをご案内です

姫沼は利尻富士山頂の真北にある人口沼です。周囲が1キロくらいなので散策路を20分くらいでまわれます。

晴れて風がない日は逆さ富士が見られることもあります。午前中がおススメです。

オタトマリ沼は「白い恋人」のパッケージが見られます。

どういうことかと言うと展望台から利尻山をみると石屋製菓の代表的なお菓子「白い恋人」のパッケージとほぼ同じ角度になっているからなのです。

富士野園地はエゾカンゾウの群生地です。5キロほど離れたところに「甘露泉水」という最果ての名水があり、甘い水として地元の方からも愛される水です。

利尻島最南端にある仙法志御崎公園です。仙法志ポン山から流れる溶岩流によって形成された奇岩や怪石が見られ、

野生のゴマフアザラシが生息しています。アザラシにエサやりができるようにお土産屋さんでエサが買えます。

利尻島の駅 海藻の里・利尻では海岸に打ち上げられる海藻を使ってはがき、しおりやキーホルダーなどの手作り体験ができます。

120年以上前に建てられた島内で一番古い建物を見られます。
営業時間は9時~17時、夏期は無休、冬期は月曜日が定休日です。

美しい夕日を望む夕日ヶ丘展望台。約45mの高台があります。まわりに建物などがないので広大な景色を楽しみながら上ることができます。

美しい朝日を望むペシ岬展望台。夕日ヶ丘展望台とは逆に朝日が最高の展望台です。

高さが90mほどでのぼるのが大変ですが着いた時の景色は感動です。晴れた日には礼文島や稚内が見られます。

 

おみやげは昆布かな

利尻といえば利尻昆布ですね。希少価値の高い高級な昆布で出汁にクセがないので高級料亭でも使われています。

創業130年以上の老舗「長生堂寺嶋菓子舗」でお菓子を。

利尻プリン、利尻最中、利尻島があります。利尻島はマカロン生地でできていて、利尻山の形をしています。

 

宿で海の幸を

利尻マリンホテルは無料シャトルバスがあって空港やフェリーターミナルにいけます。お部屋からの眺めがよく、大浴場もあるのでのんびりくつろいでください。

利尻富士観光ホテルは島ならではの海の食材を味わえます。利尻でしか味わえない食事を堪能してください。



礼文島で花を

続いて礼文島のご紹介です。沖の島という意味のレプン・シリからきています。礼文島への交通手段はフェリーのみです。

稚内と利尻島から出航できます。稚内からは約2時間です。
別名「花の浮島」とよばれシーズン中はたくさんの花が咲き乱れます。
礼文島は礼文町のみで人口約2500人です。

 

礼文島で自然を満喫しよう

まずは高山植物園です。30種類の高山植物が2万株あり、ビジターセンターでは植物に関する資料がみられます。
入園料は大人300円、小人150円(5月1日~19日、9月は無料)
営業時間は5月上旬~9月下旬(期間中は無休)

スコトン岬は日本最北の有人島である礼文島の一番北にある岬です。

北のカナリアパークは2012年に公開された「北のカナリアたち」という映画のロケ地です。ロケで使用されたものが展示されています。

元地海岸のメノウ原石と地蔵岩は運次第ですがメノウの原石を拾えることがあります。海に面した場所に地蔵岩という奇岩がみられます。

桃台猫台展望台は桃のような桃岩と猫が座っているような形の猫岩が見られる展望台です。

桃岩は海底からでたマグマなどから形成された岩です。猫岩は展望台から遠いので望遠レンズでの撮影をお勧めします。

澄海岬は晴れた日に見られる礼文島ブルーがとてもキレイです。

日食観測記念碑は昭和23年に金環日食の観測場所に選ばれた場所です。日食をイメージした記念碑があります。

うにむき体験センターはその名の通りうにをむく体験ができます。1個500円でむいたうにを食べられます。うに好きな方はぜひ体験してみてください。

 

礼文島はやっぱりうに

うにの缶詰宝うにです。ご飯にのせたりパスタやおつまみにもおいしいうにを自宅で味わってください。

礼文島のキャラクターあつもんです。世界中で礼文島だけに自生する固有種レブンアツモリソウの妖精です。

かわいいあつもんがデザインされたぬいぐるみキーホルダーやお菓子など海産物が苦手な方にはこちらがおススメです。

 

宿でもやっぱり海の幸

旅館かもめ荘はアットホームな雰囲気です。うになどの海の幸が楽しめる食事を味わえます。

 

 

 

離島1回目をご紹介しました。私はまだ島には行ったことはありません。

稚内まで行ってるのに遠いなぁと身構えてしまいます。考えてみると日にちに余裕を持った旅なら簡単に行けるところなんですね。

今度道北へ行く機会があれば行ってみようと思います。

島へ行くときは登山など歩くことが多いと思います。なるべく歩きやすい靴を選んでください。

あとはいつも通り日焼け、虫除け対策ですね。しっかり対策して快適な旅を!