シャコタンブルーを見てみたい!

2017年12月2日

道央の旅へご案内2回目です

前回に引き続き道央です。今回は積丹町と石狩市をご紹介します。

一度は見てみたいシャコタンブルー

積丹町は人口約2000人のまちです。名前はシャクコタン(シャク「夏」、コタン「村、郷土」)からきています。

江戸時代からニシンの漁場で現在は北海道唯一の海域公園、ニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されています。

シャコタンブルーで有名この街は多くの岬や海岸などの見どころがあります。断崖絶壁の海岸。それぞれご紹介します。

積丹町の観光

神威岬です。岬の突端までは駐車場から徒歩で片道30分程です。往復1時間の道のりですが、行けばわかります。絶景です。

岬までの小道をチャレンカの道といいます。この名は義経伝説に由来するものといわれてます。

周りになにもないので強風時は立ち入り禁止になります。

駐車場の横のカムイ番屋では積丹ブルーソフトクリームがあります。

食べられるのはここだけなので1時間歩いた体のクールダウンにどうぞ。

黄金岬です。美国港というところの上の高台にあります。

積丹の漁港のなかで活気がある港で、展望台からのシャコタンブルーは息をのむほどの美しさです。

この美国港からは水中遊覧船ニューしゃこたんに乗船できます。

運行期間は天気にもよりますが4月下旬~10月下旬まで毎日
乗船時間は約40分間で50から60分間隔で運行
一日の運行時間は8:30~16:30
運賃は大人1400円、小学生700円

船上からの景色はもちろん船底からの海中のシャコタンブルーも見ものです。

島武意海岸です。しまむいかいがんと読みます。積丹岬の近くでキャンプ場があり、

ここもまたコバルトブルーがキレイです。日本の渚100選に選ばれました。

駐車場から海岸への道のりがちょっと遠いです。暗いトンネルを通ります。30mくらいです。

トンネルを抜けると目の前には一面のシャコタンブルーです。展望台から思う存分景色を満喫してください。

エゾカンゾウの咲いている小道から海岸へ降りられます。ただこの道はけっこうきついです。

旅行でオシャレをしてきていると思いますが、ここはサンダルやヒールだと危ないです。段差が多いので気をつけて降りてください。

義経伝説というのは義経が北海道に逃げてきたという伝説で、道内各地に伝わっています。

史実では義経は奥州平泉で自害したことになっています。そのうちの一つが積丹にあります。

積丹のおみやげ

おみやげには積丹まんじゅうです。無添加のおまんじゅうです。甘さ控えめで一口サイズの大きさなのでパクパク食べられます。

添加物を使用していないので日持ちはしませんが冷凍保存できるのでご安心を。

おまんじゅうはおみやげ定番な感じがしますが、やっぱりおいしいですよね。私も大好きです。

積丹に泊まる

お宿新生。こちらは一本釣り漁師の宿です。海沿いの宿泊施設ならではの海鮮料理がとてもおいしいです。

ガーデンテラスがあるので海を眺めながらのんびりしましょう。

温泉旅館北都。天然温泉シララ姫の湯。シララ姫とは義経伝説に出てくる人物です。

大浴場からは積丹の海が見られます。浴室の窓がマジックミラーになっているので女性でも安心。
TripAdvisor (トリップアドバイザー)

 

石狩市はおいしい海産物があります

石狩市は人口約58000人、イ・シカラ・ペッ(曲がりくねった川)というアイヌ語から由来しています。曲がりくねった川は石狩川のことです。

石狩の観光

義経の涙岩は暑寒別天売焼尻国定公園の一部にあります。

洞窟になっていて海に岩壁が突き出たところにあります。

静御前を想いながらお酒を飲み涙をこぼしたという伝説があるところです。

雄冬岬は道路が整備されてないので行くのが大変なところです。

この理由で北海道三大秘境になっています。後の二つは室蘭市の地球岬、根室市の落合岬です。

白銀の滝はしらがねのたきと読みます。1981年(昭和56年)11月に国道231号線開通し、その記念碑があります。

春先は雪解け水の影響で水量が多くなる迫力のある滝です。国道開通前は海に直接落ちる滝でした。

岡島洞窟遺跡は1936年(昭和11年)、1959年(昭和34年)の2度発掘調査がありました。

このとき縄文文化期から擦文文化期までの住居跡や土器などが発見されました。

第4文化層からはさらにオホーツク土器が発見され、日本海沿岸最南端の遺跡として注目されています。

遺跡上部の崖からの落石の恐れがあるので見学は離れたころからになります。

あいロード夕日の丘観光案内所厚田公園内にあります。

その名の通り夕日がとてもキレイで、このロマンティックな風景からプロポーズなどのために訪れる観光客が多いです。

恋人の聖地とよばれ厚田公園展望台には誓いの鐘、二人を固く結ぶように南京錠をかけるためのフェンスがあります。

開園時間は10:00から日没まで。

 

石狩のおみやげ

石狩といえば佐藤水産、数々の海産物のおみやげがたくさんあります。

鮭を中心に展開していておススメはすぐ食べれる加工品「サーモンチーズロール」です。

そのまま食べてもパンにはさんでもにしてもおいしいです。

おつまみには「鮭のアヒージョ缶」。オリーブオイルで煮たサーモンとマッシュルームがはいってます。パスタとあえてもいいですね。

石狩に泊まる

天然温泉番屋の湯、6部屋のみのオーシャンビューでそこから眺める景色はとてもキレイです。

源泉100%茶褐色の湯で「化石海水」という地下数百メートルからくみ上げる千年近く前の太古の海水は湯ざめしにくくいつまでもポカポカです。

 

 

道央第2段をご紹介しました。紹介したいところがたくさんありすぎて困ります。

どの街も楽しいスポットがあるのでこれからの夏休み、観光シーズンですがぜひ足を運んでみてください。

楽しい北海道旅行ができますように。